itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

テンポよく進行する謎解き推理ゲーム『ナゾトキの時間』で手軽に名探偵気分!

f:id:cayto_pr:20190313194928p:plain

間違い探しの感覚で事件を紐解いていく

『ナゾトキの時間』は、独特な画調で描かれた一枚のイラストの中から、事件解決に導くための証拠を見つけていくゲームです。

 

f:id:cayto_pr:20190313194925p:plain

事件現場のイラスト

 

1つの事件に対していくつかの謎があり、その答えとなるポイントをタップ操作で指摘していきます。

 

f:id:cayto_pr:20190313194921p:plain

出題の回答に適した箇所をタップする

 

誰でもすぐに遊ぶことが出来る、非常にシンプルな作りでありながら、事件の謎が紐解かれていく感覚を味わえるゲームとなっています。

 

f:id:cayto_pr:20190313194916p:plain

正解の場合、解説が補足される

 

殺人事件現場というシリアスな場面において、雰囲気を崩さないデザインと、事件背景に準じたシーンの描写は眼を見張るものがあり、手軽に遊べるというゲームの割には、一つ一つの事件の登場人物描写も緻密に描かれています。

 

f:id:cayto_pr:20190313194856p:plain

様々な状況が推察できる

 

大体は事件が起きた瞬間か、容疑者が居合わせている場面、捜査官が調べている場面でのイラストが表示されます。

こう言ったシーンでの心情が読み取れるような人物描写は見事で、このゲームの見どころでもあるでしょう。

 

f:id:cayto_pr:20190313194852p:plain

動画配信を題材にした事件も

 

証拠品などもスマートフォンやSNSの画面、動画配信をしていたという事件背景など、時代に合わせていてリアリティを感じさせます。

 

程よい難易度と「なるほど」と思わせる解説でサクサク進める

殺人事件現場と言っても、比較的ライトな表現でイラストは描かれており、難しい知識なども必要なく、出された課題に対する答えとなる箇所を見つけるだけです。

 

f:id:cayto_pr:20190313194848p:plain

出題される問題一つ一つに対して答えを探す

 

そして事件の証拠を探すと言っても、3Dの空間を探し回るわけでもなく、動かないイラストから探し出すため、極端に複雑にはならず、謎解きや推理などが苦手な人でも手軽に遊べる難易度となっています。

また、不正解となってもゲーム内でのデメリットなどは特に発生せず、偶然正解をタップしたところで、しっかりとした解説と事件背景が記述されるため、消化不良にはなりにくい配慮が施されています。

 

f:id:cayto_pr:20190313194845p:plain

うっかり正解しても解説により納得が出来る

 

また、事件の題名はよくある推理ドラマのタイトルのようなキャッチコピーとなっており、題名から内容を推察するのも楽しさの一つとなっています。

 

課金要素ゼロでもユーザーレビューは辛口

なんと『ナゾトキの時間』には課金要素が見当たらず、収益のもとになりそうなものは広告のみと思われます。

 

f:id:cayto_pr:20190313194841p:plain

随所に挿入される広告

 

さらには、いくら探しても広告削除のための課金もなく、逆に言えば挿入される広告を表示させない手立てがありません。

これが一部のユーザーからは不評を得ており、厳しい言葉が飛び交っています。

しかしながら「完全無料」を堂々と謳えることは近年のアプリでは珍しく、600問ほどの謎解きを無料で遊べるということは素晴らしいボリュームです。

各謎解きに用意されている「ヒント」も連続で使用するとアンケートを求められたりする仕組みになっていますが、こういった課金要素に傾きがちなシステム面において、断じて課金要素を入れないという意志がひしひし伝わってくる作品です。

 

f:id:cayto_pr:20190313194814p:plain

出題されるアンケート

 

シリーズ総集編とも言える作品

実はこの『ナゾトキの時間』には開発者の過去作品シリーズが収めされており、それぞれ異なる雰囲気を醸し出しています。

 

f:id:cayto_pr:20190313194811p:plain

シリーズごとにステージを選べるようになっている

 

中にはRPGによくあるような勇者一行を主役とした題材もあり、異なる世界観でのゲームを楽しめるようになっています。

 

f:id:cayto_pr:20190313194808p:plain

中世の世界を舞台にしたシリーズも

 

シリーズによっては殺人事件の証拠探しなどではなく、単なる人探しだったり、ユニークなものも含まれていて、「イラストから特定のものを探す」というシステムを上手く流用されています。

 

f:id:cayto_pr:20190313194805p:plain

題目によってはヒントもとんちの効いたものになっている

 

もちろん操作や手順が複雑になるわけでもなく、出された題に沿ったものを探すだけというシンプルさで、どこまでも遊べるというのが安心できます。

 

シリアスなだけではない事件簿

題材のメインとなるのはほとんどが殺人事件なため、その背景設定などもシリアスになりがちですが、「鼻毛探偵」や「勇者一行」などのストーリーを組み込むことで、息苦しくならないような配慮が感じられます。

 

f:id:cayto_pr:20190313194802p:plain

鼻毛探偵という奇抜なネーミング

 

画調も若干ゆるくなっており、思わず笑ってしまうような内容の謎まで出題されます。

またメインのシリーズにおいても、人間関係の拗れから、通り魔のような愉快犯まで非常に多彩な犯人像が用意されていて、変化に富んだ謎解きを体験できます。

推理小説の主人公になったような気分に浸りながら、手軽に遊ぶことが出来るので、ちょっとした通勤、通学の合間などにもオススメのアプリです。

 

 

play.google.com

 

 

アプリ内課金を今すぐ始められる簡単実装サービス「itemstore(アイテムストア)」

 

 

文:みふる

フリーライターとして2年ほど活動。
現在はIT系企業のOLをしながら兼業でライター以外にも、
占い師や、イベント企画などを手掛ける。
マイナーなアプリを掘り起こすのが好き。