itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

予定日を教えてくれる人気のアプリ『あとマル かうんとだうん』と可愛いけど激ムズなアクションゲーム『ぴよ〜ん!』をレビュー!

f:id:cayto_pr:20190222034101p:plain

スマホをもっと便利に使えないかなと考えたことはありませんか。標準でインストールされているアプリだけでも十分に使えますが、アプリストアにあるものを活用すれば、よりスマホが便利になります。

 

そんなアプリを多く開発されているのが、個人開発者のうに+(@cocoamixjp)さん。最近ではゲームアプリにも挑戦し、幅広く活躍しています。そこで、今回はうに+さんが開発した『あとマル かうんとだうん』と『ぴよ〜ん!』をご紹介します。

 

『あとマル かうんとだうん』について

『あとマル かうんとだうん』は予定日まで後○日かを通知やアプリ画面、ウイジェットで確認できるアプリでして、ビジネスだけでなくプライベートでとても大切な○○記念日なども忘れないように教えてくれる便利なアプリです。

 

f:id:cayto_pr:20190222034058p:plain

アプリの画面では大きくタイトルが表示され、期限までどれくらいか一目でわかる。

 

予定を登録するのもとても簡単でして、タイトルと日時を決めるくらいです。通知方法には当日の目的の時刻に通知、あるいは指定時刻に通知できるようになっていて細かく設定できます。

 

f:id:cayto_pr:20190222033957p:plain

ウィジェット画面では、ざっくりとした表現で確認できるところがいいですね。

 

そんな便利な『あとマル かうんとだうん』は無料で利用できますが、使える機能は一部となっています。アプリが使いやすくて気に入ったら、アプリ内課金を購入することで全ての機能を利用してみてください。課金すると、

 

・背景画像の変更

・各文字色の変更

・広告の除去

 

と自分専用のカウントダウン画面をつくれるようになります。広告が表示されなくなることでカウントダウン画面がすっきりすると思うので、画面も見やすくなりますね。自分だけのカウントダウン画面で仕事やプライベートに活用してみてください。

 

f:id:cayto_pr:20190222033954p:plain

 

あとマル かうんとだうん

あとマル かうんとだうん

  • tadashi atoji
  • ユーティリティ
  • 無料

play.google.com 

『ぴよ〜ん!』について

『ぴよ〜ん!』は小さいひよこの「ピヨ」が「ピコ」に想いを伝えるためにがんばるアクションゲーム。レトロっぽいドット絵と音楽が何か懐かしさを感じさせてくれるものとなっています。

 

f:id:cayto_pr:20190222033950j:plain

タイトル画面。ここでも「ピヨ」を操作することが可能です。感覚を掴みましょう。

 

ゲームの操作は左右ボタンとジャンプボタンを使って「ピコ」(ゴール)の元へと向かうというもの。道中には敵キャラも出現し、注意しながら進みます。敵キャラに接触したり、穴に落ちたりしたらゲームオーバーに。敵を食べられるというアクションを活用するのが攻略のカギです。

 

f:id:cayto_pr:20190222033947j:plain

遊んでみると意外と激ムズ!?(笑)何度も挑戦してクリアを目指そう!

 

シンプルなアクションゲームとなっているので誰でも楽しめる内容です。全10ステージで音ゲーやシューティングステージも登場!かわいいアクションゲームをぜひ、プレイしてみてくださいね。

 

ぴよ〜ん!

ぴよ〜ん!

  • tadashi atoji
  • ゲーム
  • 無料

play.google.com  

開発者のうに+(@cocoamixjp)さんにインタビュー!

『あとマル かうんとだうん』について、なぜ課金要素を導入したのか、さらにはなぜゲーム開発を始めたのかなど気になることを開発者のうに+さんにお話を伺いました。

 

--『あとマル かうんとだうん』は、無料分だけでも十分使えるアプリとなっていますが、「フルバージョン」への課金状況はどうでしょうか。

 

課金状況は、100DLで1売れるかどうかという程度ですね。売れなくても良い課金という設定が前提にあり、売れたら売れたで嬉しいですが、推してはいません。iOSの「フルバージョン」は、広告の解除と背景が変更できる機能の2つが含まれています。このアプリは複数のOSでリリースをしていますが、背景が変更できるのはiOSだけです。

 

全てのOSで同等の機能を提供できるのが理想ですが、同じアプリ名でも、Android側は、Androidだけに存在するウィジェット機能(ホーム画面にいくつでも配置できる)を利用していて、リリース時点で大きな差がついています。その差をあまり大きくしたくないという思いがあって、現状を維持している感じになっていますね。

 

--『ぴよ〜ん!』についてですが、ツールアプリを多く手がけているだけになぜ、ゲームをリリースされたのでしょうか。

 

僕は結構長めに会社員をしていましたが、その間は主に企業向けのアプリケーション開発をしていました。個人開発を始めたのは、身近な人を含めた多くの人に、自分の作りたい・作ったものを便利に楽しく使ってもらいたいなという気持ちから始まっていて、それはジャンルを問いません。

 

ツールに関しては、自分が使いたくて、ストアに同等の機能が存在しないアプリだけを作っており、作った全てのアプリはリリース時点で世界的にユニークなものです。それがポリシーでもありますね。

 

ゲームは、何を作ったとしても、他のものと類似性が大きかったとしても、そのゲームしかないと感じています。作った内容によっては、受け取り側の評価は、すごく大きく異なってしまいますが。そもそも幼少期からゲームは作りたかったので、ゲーム作りが身近になってしまった昨今の開発環境の充実が、制作の手を動かした(動かせた)大きな理由ではあります。

 

--マスコットアプリ文化祭2018にてアイちゃん賞おめでとうございます。itemstore BLOGにも登場する「アイちゃん」を使っていただいてうれしいです。ところで、クレーンゲームを題材にしたのはどういう理由からでしょうか。

 

ありがとうございます!!!

 

単純にクレーンゲームが好きすぎて、2年ちょっと前くらいが一番ハマっていましたが、結構かなり散財していました。取る行為が楽しくて、とくにいらないものも取れそうだったらコインを投入しているという、あんまり良く無い感じですね。

 

アイちゃんにはすみませんが、クレーンゲーム作りに関しては、クエリちゃん大好きの僕なので、Unity向けのクエリちゃんSDアセットに含まれる47都道府県+αなデザインのクエリちゃんを、クレーンゲームで取れたら楽しそうという始まりからです。それが2年前です。

 

 

生きるための開発がかさんだりとすごく間は開き、去年にその開発を1から始めていました。それ自体は完成していませんが、今回のマスコットアプリ用にそのプロジェクトを流用し、できる限りのキャラクターを参加させて、年末ギリギリくらいからどうにか完成させました。マスコットアプリ文化祭という機会があって、ゲームの公開ができたこと自体がとても嬉しいです。

 

--この度はお忙しい中、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

 

 

アイちゃん賞を受賞した『クレーンゲーム Catch! for マスコットアプリ文化祭』はスライド操作で視点変更、ボタンを押してアームを移動できるシンプルなクレーンゲーム。景品には様々なキャラクターが登場します。コンプリート目指してプレイしてみてください。

 

play.google.com  

まとめ

『あとマル かうんとだうん』はアプリ内課金することでフルバージョンになり、全ての機能が使えるようになりますが、開発者にお話を伺うと購入は推してはいないという回答をいただけました。100ダウンロードにつき購入されるのは1つくらいとのことで、無料でも十分に使えるアプリなんだなと思いました。

 

また、開発者としてはツールアプリ以外にゲーム開発にも挑戦しており、ご紹介したアクションゲーム『ぴよ〜ん!』などを手がけられています。アイちゃん賞を獲得した『クレーンゲーム Catch! for マスコットアプリ文化祭』もそうですが、ゲーム開発者としての面も今後は期待したいなと思います。

 

 

アプリ内課金を今すぐ始められる簡単実装サービス「itemstore(アイテムストア)」

 

 

文:ニュー侍

スマホゲームから家庭用ゲーム、ツールアプリなどを多数のメディアで紹介しているフリーライター。