itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

【Unity課金&広告 完全に実装した】広告BANを避けるためのTIPS

f:id:cayto_pr:20181211104514j:plain

引用:https://twitter.com/lycoris102/status/1070255468264644609

 

前回に続いて、2018年12月5日に開催された勉強会「Unity課金&広告 完全に実装した in ワンダープラネット株式会社 @渋谷」のレポートです。

 

▼前回の記事はこちら

【Unity課金&広告 完全に実装した】Unity Monetization SDK 3.0 について - itemstore BLOG

 

▼勉強会はこちら

connpass.com 

今回は順番が前後しますが、やまだ(@tty_yamada)さんによるLT「広告BANを避けるために〜私はこれで広告BANされました〜」についてレポートいたします。

 

広告BANを避けるために〜私はこれで広告BANされました〜

f:id:cayto_pr:20181211104511p:plain

▼資料はこちら

docs.google.com

 

カジュアルゲームを多く作る会社にお勤めのやまださんからは、広告が実装されているアプリを作る中で実際に経験された失敗談をご紹介いただきました。

 

なお、今回のLTで紹介された事例は全て2018年12月以前のものであり、紹介された「やってはいけないこと」は各広告会社のサイトで詳細に記載されているとのことです。

 

広告BANとは

タイトルにある「広告BAN」という言葉はやまださんが作られた言葉で、以下の事象を指しています。

 

①広告の枠が広告会社によってBANされる

②広告が原因でアプリがストアからBANされる

 

①広告の枠が広告会社によってBANされる

基本的には各広告のポリシーに違反しているために起きるとのことです。

以下、ひとつひとつのケースについて詳しく紹介されました。

 

UIに広告が被っている

文字通り「UIに広告が被っている」というケースで、大抵は複数の画面解像度への実装ミスにより起きるとのことです。

ユーザーが意図せず広告をクリックしてしまうため、BANされてしまいます。

ストアのレビューも荒れてしまうため、非常にもったいないと話されていました。

 

誤タップを誘発するような仕組みになっている

やまださんが考えたという、飛んでくる広告をタップしないように避けるアクションゲーム「広告を避けろ!」というアイデアを元に話されていましたが、こちらはそもそも企画段階でボツになったケースになります。

試されたわけではないそうですが、ユーザーが意図せず広告をクリックするため、間違いなくBANされるだろうとのことです。

 

確認ダイアログがなくリワード広告が表示される

リワード広告を表示する際に、広告を見ると何がもらえるかを示すダイアログを出さないとBANされてしまいます。

なお、報酬がガチャ=もらえるアイテムが不確定な場合については、今のところ問題がないようですが、今後どうなるかはわからないとのことでした。

 

インタースティシャル(全画面広告)が遷移の度に出る

全画面を覆うインタースティシャル広告が画面遷移の度に表示されるのはNGで、最低でも遷移の2回に1回表示する等といった仕様にする必要があるとのことです。

また、遷移時のみ表示が認められており、アプリの起動時や終了時等の表示はNGになります。

 

ネイティブ広告にPRの文字が無い

アプリになじませすぎて広告だとわからないように表示させてしまうのはNGです。

対応としては広告に「PR」という文字を添える等、ユーザーが誤解することなく、広告として認識できるようにする必要があります。

 

同じWi-Fiで何回も広告がクリックされている

テストモードを使用せず、自社や自宅の同じWi-Fi環境から何度もアクセスしていると、BANされてしまいます。

なんとAdMobでは1ヶ月間もアカウントが全凍結されてしまうそうです。

テストする際には、必ずテストモードを使用しましょうとのことでした。

また、会社で出したアプリについては、社内のWi-Fiでアクセスして広告をクリックしないように気をつける必要があります。広告収入が激減してしまうとのことです。

 

 

以上のようなケースを避けて、広告枠が広告会社によってBANされないためのまとめとしては、

 

  • 各広告のポリシーは一読する
  • 各広告のポリシーの変更を常に把握しておくようアンテナを張る
  • 何かあった時のためにアプリをアップデートできるようにしておく

 

という点を挙げられていました。

 

②広告が原因でアプリがストアからBANされる

①で挙げたような広告の表示方法が原因であったり、あるいはAndroidでAdMobを使用している場合に、広告の内容が不適切であるという理由で、ストアからアプリがBANされてしまうこともあるとのことです。

広告の内容が不適切なケースとしては、子供向けアプリに設定しているのに戦争系の広告が表示される場合等を挙げられていました。

 

また、プライバシーポリシーを記載していない場合もストアからBANされてしまうとのことです。

 

まとめ

総じて広告のポリシーをしっかりと把握して違反しないこと、またユーザーが望まない形で広告をタップしてしまうような状況を作らないことが、広告BANされないための近道と言えるかと思います。

もしBANされた場合にはメールが届くので、メールに記載されている内容に従って修正しましょう。

 

次回は残り3つのLTをまとめてレポートしたいと思います。

 

 

アプリ内課金を今すぐ始められる簡単実装サービス「itemstore(アイテムストア)」