itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

Steam/PLAYISMで販売中のゲームも誕生!HSPプログラムコンテストの紹介

 

こんにちは。

今回は、現在開催中の「HSPプログラムコンテスト2018」について紹介します。

 

HSPプログラムコンテストとは?

f:id:cayto_pr:20180828061918p:plain

引用:http://hsp.tv/contest2018/

 

HSPプログラムコンテストはHSP(Hot Soup Processor)で作られた、

  • ゲーム
  • ツール
  • 環境ソフト

などのプログラムのコンテストです。

 

2003年から毎年開催されている人気のコンテストで、2017年の一次審査通過作品だけでも116作品もあります。

 

協賛・後援されている企業も多く、毎年たくさんの作品が企業賞に選ばれています。

 

f:id:cayto_pr:20180828061915p:plain

2018年の協賛・後援企業

 

また、学生賞も多く選ばれており、大人から子供まで参加しやすいコンテストと言えます。

 

今年も8月1日からHSPプログラムコンテスト2018が開催され、10月31日まで応募を受付中です。

 

『箱庭えくすぷろーらもあ』の紹介

今年6月からSteamとPLAYISMで販売されている『箱庭えくすぷろーらもあ』は、すき(SUXAMETHONIUM)さんがHSPで開発されたクォータービューのアクションRPGです。

 

このゲームは、2015年と2016年のHSPプログラムコンテストで、「株式会社アクティブゲーミングメディアPLAYISM賞」と「ニコニコ自作ゲームフェス賞」を2年連続ダブル受賞した『箱庭えくすぷろーら』が元になっています。

 

f:id:cayto_pr:20180828061911p:plain

引用:http://playism.jp/game/507/hakoniwa-explorer-plus

 

筆者がプレイして最初に感動したのは、圧倒的な質感の(そして艶かしい)ドット絵でした。

アニメーションも豊富で世界全体がイキイキと呼吸をしているようです。

作りこまれたシステムや設定の細かさにも圧倒されました。

 

グレードアップした『箱庭えくすぷろーらもあ』はSteamのレビューでも非常に好評です。

 

f:id:cayto_pr:20180828061908p:plain

引用:https://store.steampowered.com/app/705280/Hakoniwa_Explorer_Plus/

 

Steam: https://store.steampowered.com/app/705280/Hakoniwa_Explorer_Plus/

PLAYISM: http://playism.jp/game/507/hakoniwa-explorer-plus

 

HSPでゲームを作ってみた

筆者もHSPでおみくじゲームを作ってみました。

 

f:id:cayto_pr:20180828061808g:plain

 

絵は公式サイトで紹介されている、HSP同梱の珠音ちゃんを使いました。

ちなみに、ドット絵や3D素材も同梱されています。

 

HSP3オフィシャル2D素材 "珠音(たまね)"

 

f:id:cayto_pr:20180828061803p:plain

引用:https://hsp.tv/make/tamane3d.html

 

素材のおかげで簡単にかわいいゲームが作れました。

小規模なミニゲームのため、制作2時間、プログラムもコメントを含め48行でした。

 

シンプルな命令を書くだけで、ボタンや読み込んだ絵を簡単に表示できるので、さくさくと進められました。

 

初心者の方でも、直感的にゲームを制作でき、結果としてコンテストへも挫折せずに参加できそうです。

 

f:id:cayto_pr:20180828061759p:plain

作ったおみくじゲームのプログラムと処理の流れ

 

命令の使い方などの詳細は、付属のリファレンスやサンプルなどを参照してください。

 

f:id:cayto_pr:20180828061755p:plain

 

コンテストへのエントリー手順

ゲームができたら、エントリーしてみましょう。

 

まずは実行ファイルを作ります。

今回はWindows用の実行ファイルを、メニュー「HSP→実行ファイル自動作成」から作りました。

 

f:id:cayto_pr:20180828061752p:plain

 

次にHSPプログラムコンテスト参加者向けページの「ユーザーメニューへ」から「新しい作品を登録」ボタンを押してゲームを登録します。

まだ、ユーザー登録をしていない場合は、「新規ユーザー登録へ」から登録しましょう。

 

f:id:cayto_pr:20180828061719p:plain

 

新規作品登録のページでは、エントリーするゲームの情報を記入します。

 

f:id:cayto_pr:20180828061716p:plain

 

最後に、作品ファイルや紹介画像を選択して、「アップロードして次に進む」ボタンを押すと登録とコンテストへのエントリーは完了です。

 

f:id:cayto_pr:20180828061713p:plain

 

登録された作品はユーザーメニューで確認できます。

 

f:id:cayto_pr:20180828061710p:plain

 

3年前からコンテストに参加してみて

実は筆者は3年前から毎年コンテストに参加していました。

毎年参加する理由は、多分コンテストに出ると嬉しい気持ちになるからです。

 

ゲームを作った達成感、受賞・紹介されたときの喜び、送られてくるメッセージと参加賞による励ましが、いつも嬉しい気持ちにさせてくれます。

 

ちなみに去年の参加賞はオリジナルデザインのハンドスピナーでした。

 

f:id:cayto_pr:20180828061706j:plain

 

他の作品から刺激を受けることもやる気につながります。

すごい作品に圧倒されることもありますが、自分のペースで参加していきたいです。

 

さいごに

コンテストはゲーム制作をはじめる良いきっかけです。

ゲームを作り公開することで新たな自信が生まれ、評価を得ることで次の創作への意欲やアイデアがさらにわいてくることでしょう。

 

今では、さまざまなマネタイズが提供され、インディーゲームで収益を得る人も増えてきています。

 

参加したことのない方も、これを機会にHSPプログラムコンテストに参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

アプリ内課金を今すぐ始められる簡単実装サービス「itemstore(アイテムストア)」

 

 

文:さくらくらうど(@SakuraCrowd)

個人でゲームを開発しています。アプリ内課金については初心者ですが、itemstoreを利用することで簡単に課金ゲームアプリが作れることを、実際の開発を通して伝えられたら良いなと思っています。

Blog : http://sakuracrowd.blogspot.jp/

Twitter : https://twitter.com/SakuraCrowd