itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

ゲーム用ボイスの収録-キャスティング編-

f:id:cayto_pr:20180605124001j:plain

 

前回までは主に収録方法についてお話してきましたが、今回は実際にボイスを収録してもらう声優さんのキャスティング方法について触れてみたいと思います。

 

資金に余裕があれば、有名な声優さんにオファーをすることが出来ますが、個人や小規模な開発ですと中々難しいところです。

 

そこで今回は「コストを抑えた声優のキャスティング方法」にスポットを当て、具体的な方法などを解説していきます。

 

比較的安価でお願いできる声優さんとは?

ズバリ「声優のタマゴ」にお願いすることです。

「声優のタマゴ」と言ってもザックリとしすぎていますので、具体的に言うと「養成所に通っている学生」が一番です。

養成所に通っていることで最低限の知識は持っていることが多く、ギャランティも割安です。

 

注意しなければならないのは、養成所によっては外部の仕事を禁止していることもあるという点です。

残念なことに学生を対象にした詐欺行為なども少なくないため、一律で禁止している養成所も多数あります。

 

そういったトラブルを避けたい場合はフリーランスの声優」に依頼しましょう。

本人さえよければ活動の制限が無く、事務所に所属している声優に比べて比較的安価で依頼出来ます。

 

声優を探す方法、依頼までの流れ

上記のような学生やフリーランスの声優を探すのに一番手っ取り早いのはTwitter等のSNSを利用することです。

 

大抵の場合、プロフィール欄に「○○事務所に所属している」「○○養成所に通っている」「フリーランスで活動している」などと記載している方が多いので、声はかけやすいかと思います。

 

注意点としては、SNS等ですと連絡を取るまで本人のボイスサンプルが聴けない場合があります。

 

サンプルを聞いてイメージと違った。ということを避けたいのであれば、以前もご紹介した「WowMe」や「ココナラ」等のサイトを利用しましょう。

依頼募集の欄からサンプルが聴けるようになっている場合が多いので、無駄なやり取りをせずに済みます。

 

wowme.jp

 

coconala.com

 

依頼金額の相場

実際に「ココナラ」等で調べてみると、文字数に対していくらという値段設定が主流のようです。

 

文字数に対してですと、1文字1円~から依頼できる方もいらっしゃいました。

 

加えて、「スタジオ収録編」などでもお話していた「ノイズのカット」や「セリフごとの書き出し」などについても、別料金にはなりますが、全て行ってくれる方もいらっしゃったので、編集作業が苦手な方や、まだその知識がないといった方は全てお任せしてしまうのも良いかもしれません。

編集の金額は収録に比べてばらつきが見られましたが、一般的なスタジオで同様の作業をしてもらうよりは金額を抑えられるなといった印象でした。

 

この金額で難しいようであれば、収録時間に対して時給で支払うなどの交渉をしてみるとよいかもしれません。

 

まとめ

これまでにいくつかの記事に分けて、ゲーム用ボイスについてお話してきましたが、ボイスがあるのとないのとでは、ユーザー目線に立ったときにどれくらい印象が変わるのでしょうか。

 

先日、itemstoreがスポンサードした『あほげー』というゲームジャムがありました。

 

http://ahoge.info/26/index.php

 

こちらにエントリーされた多数のゲームの中で、ボイスが使われている作品をピックアップしました。

 

▼『サラダッ!!!!!』(製作者:シマセイイチロウさん)

f:id:cayto_pr:20180726070244p:plain

https://plicy.net/GamePlay/62291

 

シンプルなゲームながら、ボイスが追加されていることでシュールさも演出でき、エントリー作品の中でも個性を際立たせることができていると思います。

 

このように有効的にボイスを入れ込むことで、作品のクオリティが1段階上のものに出来ます。

 

「音声収録」という一見とっつきにくいジャンルではありますが、やってみると案外わかりやすいものですし、さほどコストもかかりません。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

 

item-store.net