itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

毎月いくら使うと「廃課金」?

f:id:cayto_pr:20180530194402j:plain

 

このブログでも度々取り上げているアプリの高額課金ユーザーに関する話題。

 

以前の記事「【廃課金者100人に聞きました】アプリの収益を支える高額課金ユーザーの実態とは?」でご紹介した海外の調査データによると、全ユーザーのうちたった0.19%の課金が収益の半分近くを占めていると報告されています。

 

毎月いくら課金しているの?

また、国内でも気になる調査結果が報告されていました。

 

国内最大規模のアプリ課金還元サイト『SMART GAME』を運営する株式会社SmarpriseがSMART GAMEユーザー2,017名に対して行ったアンケート調査によると、月間の課金予算が100万円を超えるユーザーが0.4%(8名)もいたそうです。

 

f:id:cayto_pr:20180530194358j:plain

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000018900.html

 

最も多いのは「10,001円~50,000円」の38.3%で、50,000円以下に収まっている割合は92.9%とほとんどのユーザーが該当します。

 

この調査結果からも、一握りのユーザーが桁の異なる高額課金を行う傾向が見て取れますね……。

 

毎月いくら使うと「廃課金」?

このような一握りの高額課金ユーザーのことを「廃課金者」と呼ぶことがあるかと思います。

 

では、厳密には毎月いくら以上課金すると「廃課金者」なのでしょうか?

周りの人に聞いてみても、それぞれに定義が異なります。

 

そこで、「毎月いくら使うと廃課金なのか?」アンケートを取ってみました!

 

今回もクラウドソーシングサービスを通じて100名の方の回答を得ることができましたので、その結果を紹介させていただきます。

 

なお、調査方法の都合上、参考程度にお考えいただけますと幸いです。

 

f:id:cayto_pr:20180530194355p:plain

 

結果は以上のようになりました。

「月額平均で1万円以上」と答えた方が40%、「月額平均で5万円以上」と答えた方が39%でほぼ同数でした。

「月額平均で50万円以上」「月額平均で100万円以上」と答えた方はいなかったことから、「廃課金」と呼ばれるラインは思ったよりも低いという印象です。

 

課金あるある

最後に同じくアンケートから得られた「課金あるある」をいくつかご紹介して終わりたいと思います。

 

  • 欲しいキャラが出るまで回す
  • 家とコンビニを何度も往復する
  • コンビニでプリペイドカードを買いすぎて店員さんから何に課金しているのか聞かれる
  • 飼い猫に引いてもらうと欲しいキャラが出る
  • もやしだけを食べて凌ぐ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

また少しアプリの収益を支える高額課金者の方々について詳しくなった気がします。

 

実際のマネタイズに活かすべく、より具体的なユーザー像をつかみたいという方は以下の記事も参考にしてください。

 

【廃課金】アプリの収益を支える高額課金ユーザーの簡易ペルソナを作成

 

引き続き、マネタイズに役立つ情報発信を行っていきたいと思いますので、ぜひ皆様も課金マネタイズにチャレンジしてみてください!

 

 

item-store.net