itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

課金してもらうためには多言語展開!

f:id:cayto_pr:20180530194405p:plain

 

ユーザーに課金してもらうためには、もちろんいい作品を作ることが第一です。

ではいい作品を作ったあとには、何ができるでしょうか?

その答えのひとつが、多言語展開です。

 

国内向けだけでは厳しい時代

現在はあまりにも多くのアプリがリリースされていますので、普通にいい作品なのになかなか売れない……ということは珍しくありません。

 

大手企業が当たり前のように基本無料のゲームをリリースしているのは、個人クリエイターや中小のインディーチームにとって脅威でしょう。クオリティはともかく、宣伝競争で勝つことは困難です。

 

そして何より、国内だけで勝負するには厳しい時代になってきました。

決して景気がよくなっているとは言えず、アプリ以外の娯楽(もちろん無料)も多く生まれています。ユーザーもそう簡単には財布の紐を緩めてはくれません。

 

そこで考えたいのが、海外に目を向けることです。

 

日本の人口は1億人ですが、世界には70億という人たちがいます。そのうち英語を日常的に話す人は17.5億人。およそ4人に1人という高い割合なのです。

 

参考:世界で英語を話す人口数は?英語を話せれば世界が広がる!

 

つまり英語対応するだけでも、日本人だけを相手にするより、グッとチャンスは広がるということです。

 

テキスト量が多くなければ実装のハードルは低い

「そうは言っても、翻訳って大変なんじゃないの?」

と思われるかもしれません。

確かに翻訳は専門的な技術です。ただ単にテキストを翻訳するだけではなく、それぞれの国に適した表現に置き換えること(ローカライズ)も必要になります。

 

しかし今は、ゲームテキストの翻訳を請け負ってくれる人がたくさんいます。プロに依頼すればいい――つまり費用を用意するだけでほぼ解決できる問題と言えるのです。

 

みなさんが作っているゲームに、テキストはどれほど使われているでしょうか?

カジュアルゲームであれば、そう多くはないでしょう。アクション、シューティング、パズルなども、テキストの量で勝負するようなものではないはずです。こういったジャンルを作っているなら、ぜひ英語をはじめとする多言語展開を視野に入れてみてください。

 

ちなみに筆者も、数年前からアプリに英語を実装しています。ジャンルはノベルゲームです。テキスト量が多く、プロに依頼することはコスト面で難しかったので、最初は自力で翻訳していました。もちろん英語などほとんどわかりません。

 

しかし思いがけないことに「そのダサい英語、タダで直してあげるYO!」と海外のプレイヤーから申し出があり、劇的にクオリティが上がりました。おかげさまで今も売れているロングセラーになっています。

 

ただ、今は海外のユーザーも翻訳のクオリティに関してはだいぶ厳しくなっています。筆者がやったような自力翻訳は、もうオススメはできない状況です。「うちのゲームはテキスト量が多くないから自分で」とは考えず、やはりプロに依頼したほうがよいでしょう。カジュアルゲームなどであれば、少なくともノベルゲームよりはコストを抑えられると思われます。

 

「宴」なら多言語対応もカンタン

以前の記事で紹介した「宴」は、ノベルゲームを作るだけでなくRPG等他のジャンルの会話シーンも簡単に組み込むことができます。

 

Unity上で簡単にノベルゲームを作れる!「宴」のここがスゴい

 

そして宴の特徴のひとつに、多言語対応があります。

自動的に翻訳してくれるわけではありませんが、エクセルファイルに追加したい言語を記述しておけば、ボタンひとつで切り替えられるようになるという、非常にシンプルな設計です。公式サイトの説明ページを見ただけでも、なんだか簡単にできそうな気がしませんか? これなら「会話シーンの言語の切り替えってどうやるの?」と悩むこともなくなりそうです。

 

madnesslabo.net

 

まとめ

海外展開には難しいというイメージがあると思います。しかし言語の問題さえクリアすれば、一気に課金率アップという可能性が生まれるのです。これからは国内だけでなく、ぜひ海外のプレイヤーも視野に入れましょう!

 

 

item-store.net

 

文・アライコウ

作家 / シナリオライター / ゲームクリエイター

十数年、インディーと商業でノベル・アドベンチャーゲームに関わってきました。

 

Webサイト:http://arai-create.net/

Twitterhttps://twitter.com/araicreate