itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

【メイドが課金アプリ作ります!】その3:Unity Remote 5で楽々アプリデバッグ

f:id:cayto_pr:20180409215003j:plain

はじめに

お久しぶりです。メイドのひかっちです!
風邪は治っていませんが、ちょっとずつアプリ開発を進めています!

今回はスマホアプリのデバッグで使う
「Unity Remote 5」をご紹介しますっ👏

タッチパネル操作のデバッグがしたい!

スマホアプリだし、タッチパネル操作に対応させたいなー」
「でもPCでタッチ操作できないし、どうやってデバッグしよう…」
そしてたどり着いたのが「Unity Remote 5」でした。

Unity Remote 5

PCとスマホをケーブルで繋いで、ゲームを実行すると
スマホでゲームを操作して、デバッグ結果をPCで確認できちゃうすごいやつです。

【マニュアル】
https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/UnityRemote5.html

次のことができるようです!

タッチとスタイラスによる入力
加速度計
ジャイロスコープ
バイスのカメラストリーム
コンパス
GPS
ジョイスティックの名前と入力

使い方

  1. まずはお手持ちのスマートフォンにUnity Remote 5のアプリを入れましょう。

  2. 続いてUnityのEditor設定をします。
    マニュアルには「Unity の Editor 設定を開き、Unity Remote セクションから使用するデバイスを選択」という記載がありますが、
    特に設定しなくても実行時に設定が変更されました。

    f:id:cayto_pr:20180516085935p:plain

    「動かないよ」って方は次の記事を参考にしてみてください。
    私はあらかじめBuildの設定をしていたから動いたのかも。
    https://vracademy.jp/blog/?p=750

  3. PCとスマホをケーブルで繋いで、Unity Remote 5を起動させましょう。

    f:id:cayto_pr:20180516085932j:plain

  4. いつも通りUnityでゲームを実行しましょう。
    スマホ側にゲームが表示されました!
    (画像が粗かったり動作が遅かったりするので、ちゃんとした動作確認は実機でしましょう。)

    f:id:cayto_pr:20180516085929j:plain

  5. スマホを操作するとプログラムに仕込んでおいたDebug.LogがUnityに表示されました。

    f:id:cayto_pr:20180516085926p:plain

補足

今回はタッチパネル操作のデバッグをするためにUnity Remote 5を使いましたが、
itemstoreの各機能はOSのネイティブ機能を扱うため、
Unity Remote 5では利用することができないそうです。
itemstoreで使って実装した課金機能の動作を確認するといった場合には、
実機へのインストールが必要になります。

さいごに

ちゃんとデバッグができて感動しました!
マルチタップに対応させたいのでデバッグしながら頑張るよぉ😆

Unity Remote 5を使ったことがない先輩やメイドさんもいらっしゃったので
「是非使って欲しい!」って思って書きました!
みなさん使って見てくださいねっ✨

※先輩:メイドプログラミングに来てくださるお客様のこと





<プロフィール>
ひかっち
普段はWebサイトを作るお仕事をしてます(HTML/CSS/JavaScript)。
最近はVtuberに興味があって、Unityを勉強中です!
Twitterhttps://twitter.com/hika_p72

MadeInMaidFamilyについて

メイドさんと一緒に成長できる世界初のメイドプログラミングスクール。
Webサイト:http://www.maid-vr-school.com/
Twitterhttps://twitter.com/madeinmaid