itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

ノベル・アドベンチャーゲームで考えられる課金方法

f:id:cayto_pr:20180517064356p:plain

前回、Unity上でノベルゲームを制作できるアセット「宴」をご紹介しました。

 

Unity上で簡単にノベルゲームを作れる!「宴」のここがスゴい

 

宴でノベルゲームを作る場合、itemstoreの課金機能をどのように使うことができるでしょうか?

いくつかの方法を考えてみましょう。

 

分割形式でストーリーを用意

ノベルゲームのアプリは有料で販売されていることが多いですが、ダウンロード自体は無料で、続きをプレイしたいなら課金を……というスタイルもよく見られます。ノベルゲームではもっともスタンダードな課金方法です。

 

この課金方法には、主に3種類あります。

 

【攻略対象のルート毎に課金】

恋愛ノベルゲームでは、まず共通ルートがあって、途中でそれぞれの攻略対象のルートに分岐します。したがって共通ルートは無料でプレイできて、課金してもらえば各キャラクターの物語を読むことができる、という形が有力です。

 

しかし、共通ルートも有料というケースも見られます。

アニメ化もされた有名恋愛アドベンチャーゲームCLANNAD』などがこのスタイルで、最少価格でリリースされています。

 

play.google.com

 

アプリストアは無料カテゴリが激戦区ですので、あえて「有料アプリ+課金」というのも、ノベルゲームでは選択肢のひとつです。

 

【エピソード毎に課金】

物語には連作形式というものがあります。週刊連載漫画のようなひとつの長大なストーリーではなく、そこそこの長さのストーリーを段階的に見せていくという形式です。1話完結のテレビドラマを想像すればわかりやすいでしょう。

 

第1話のみ無料で、第2話以降を有料という形式にすれば、作品の雰囲気やキャラクターを十分にわかってもらった上で課金してもらうことができます。筆者はミステリーゲームのシナリオを担当したことがありますが、そのアプリはこの形式が採用されています。

 

アップデートでどんどんエピソードを追加することもできますし、最終話はボリュームがあるので少し高めに設定する――といった工夫もできるでしょう。

 

【後編のみ課金】

ノベルゲームのボリュームは千差万別です。それほど長いわけではないけれど課金機能を付けたいという場合は、前後編に分けてみましょう。後編のみ課金してプレイできるという形式にすればシンプルです。

 

この形式にするなら、前編の終わりはとにかく衝撃的な展開にさせましょう。続きを読みたい、と購入意欲を高めることができるはずです。

 

番外編を用意

ストーリー本編はすべて無料でプレイしてもらって、本編クリア後の番外編、いわゆるサイドストーリーやアフターストーリーを課金で楽しんでもらうという形式もあります。

 

何といってもすべて無料でプレイしたあとなので、その時点でユーザーの満足度は十分に高くなっています。番外編はプレイしなくても支障がないわけですが、もっとこの作品世界を楽しみたい……と、課金してもらえる可能性は高いです。

 

本編のプレイ時間が1時間や2時間程度では「短い」と感じるユーザーが多く、有料アプリとしてリリースするのは多少のリスクがあります。それでも収益を得たい場合は、「本編無料+番外編有料」のスタイルが有力です。

 

課金で攻略情報を見られるように

選択肢やフラグ管理を複雑にして、難易度を高めるノベルゲームがホラーやミステリーではよくあります。

 

難易度が高いほど、攻略できたときの喜びは大きいのですが、「謎解きはいいから早く先のストーリーを知りたい」「もっと手軽に攻略したい」と考えるユーザーもいます。そんな人たちのために、攻略情報を有料で用意するという方法もあります。

 

正しい選択肢の一覧を見られるモードを搭載する、正しい選択肢を示してくれる機能をオンにする、などが考えられるでしょう。ただし攻略情報をネット上にアップされる可能性もありますので、その対応策を考える必要もあるかもしれません。

 

まとめ

課金したいと思われるような物語を作ることがもちろん第一なのですが、ストーリーの長さやジャンルに合わせた、適切な課金方法があります。それらをじっくり考えた上で、よりよいノベルゲームを作っていきましょう。

 

 

item-store.net

 

 

文・アライコウ

作家 / シナリオライター / ゲームクリエイター

十数年、インディーと商業でノベル・アドベンチャーゲームに関わってきました。

 

Webサイト:http://arai-create.net/

Twitterhttps://twitter.com/araicreate