itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

【3/25(日)まで】締切目前!Google主催『Indie Games Festival 2018』へのエントリーを急げ!

f:id:cayto_pr:20180314175100j:plain

このブログでも何度かご紹介したGoogle Playが主催するインディーゲームのコンテスト『Indie Games Festival 2018』のゲーム登録受付がいよいよ2018年3月25日(日)に締め切られます。

 

審査員になんとキズナアイ

ファイナルイベントの審査員10名で最も注目すべきは、なんといってもバーチャルYouTuberキズナアイではないでしょうか。

 

キズナアイとは、自称「世界初のバーチャルYouTuber」で、YouTubeに開設している自身のチャンネル「A.I.Channel」の登録者数は160万人以上、ゲーム実況専門のチャンネル「A.I.Games」の登録者数は67万人以上(それぞれ2018年3月時点)を誇る人気の動画配信者です。

 

 

また、キズナアイの他にも株式会社カイロソフトのプログラマー兼アイデアマンであり、公式マスコットキャラクターも務めているというカイロくんが名を連ねており、はたしてどのような形で審査に参加するのか気になって仕方がありません…!

 

賞品にもキズナアイ

審査の結果、トップ3、トップ10、トップ20に選出された作品は2018年4月28日に開催されるファイナルイベントに展示される他、様々な賞品が贈られます。

 

中でもトップ3に選出された作品には、それぞれキズナアイによるゲーム実況動画の制作・配信が贈られるとのことで、作品の注目度は俄然高まることが予想されます。

 

また、トップ20に選出された作品も全体で1本の動画にはなりますが、同じくキズナアイによる動画の制作と配信が行われるそうです。

 

さらに、大注目の少年ジャンプ+賞!

そして、つい先日開催された個人ゲーム開発者の集まり『東京インディーズ』において、Google Playの担当者より新たな発表がありました。

 

なんと集英社からの特別賞として「少年ジャンプ+賞」が追加されるそうです!

 

賞品には、少年ジャンプ+」連載作品のゲーム化ライセンスとそれに伴う制作費が最大1,000万円まで提供されるとのことですから驚きました…。

 

審査は集英社の「少年ジャンプ+」編集部の方が務めることとなり、トップ20に選出された作品の中から1作品が選ばれます。

 

f:id:cayto_pr:20180314180036j:plain

 

いますぐエントリーすべし!

ゲームの登録受付は2018年3月25日までと締切が迫っていますが、もう時間がないと諦めてはいけません。

 

ゲームの参加資格には「2017年1月1日以降にGoogle Playで配信されたもの」とあります。つまり、新たに開発せずとも、すでにリリース済みの作品で参加することができるのです。

 

また、期限までにリリースが難しい場合でも、「プレイ可能な APKがGoogle Play Console上でベータ版として配信されており、2018年内に正式配信される予定」であれば参加可能ですので、諦めずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

その他、詳しくは公式サイトをご確認ください。

 

events.withgoogle.com

 

item-store.net