itemstore BLOG

アプリ内課金(IAP)の実装・運用にかかる時間を大幅に削減してアプリの収益性を高めるサービス「itemstore(アイテムストア)」が、アプリ内課金に関する様々な話題や企画をお届けする公式ブログです。

【いますぐ始めるアプリ内課金】第1回:手軽に作れる課金アプリを考える

f:id:cayto_pr:20171214100334p:plain

Unity や itemstore といったゲーム開発支援ツールにより、課金アプリを個人で開発・運営することが簡単になってきました。

 

けれども、アプリ開発の初心者が、いきなり複雑なゲームを作ることは難しいでしょう。

ましてや課金アプリとなると、CMなどで見かけるソーシャルゲームを思い浮かべ、諦めてしまう方も多いと思います。

 

しかし、課金で収益をあげているジャンルはソーシャルゲームだけではありません。

例えば、定番のカジュアルゲームでも、工夫次第で収益をあげている例はあります。

 

そこで、課金アプリの開発をこれから始めようと考えている方は、ルールや操作方法が比較的シンプルなカジュアルゲームから作ってみてはいかがでしょうか。

 

このシリーズでは、課金アプリに興味を持っているビギナーのアプリ開発者に向けて、課金ゲームアプリの作り方を解説します。

実際に課金ゲームアプリを作成しながら進めていきますので、シリーズを読み終えた頃には誰でも課金アプリを作ることができるはずです。

 

「ゲームアプリを作りたいけれど、どこから始めたらよいかわからない」

「課金システムの導入はやっぱり難しそう」

と悩んでいる方たちが、このシリーズを読むことで、課金ゲームアプリの開発を始めるきっかけになればと思います。

 

シリーズ最初の今回は、実際にどのようなアプリを作るかについて、考えてみたいと思います。まずは、カジュアルゲームアプリで収益をあげている3つの成功事例を見てみましょう。

 

カジュアルゲームアプリの成功事例

新チャリ走DX

f:id:cayto_pr:20171214100217j:plain

さまざまなステージを、ジャンプして進んでいく

f:id:cayto_pr:20171214100214j:plain

無料でプレイ可能だが、課金することでより多くのステージを楽しめる

 

タイミングよくタップしてジャンプする簡単な操作で、多様なステージを進んでいくカジュアルゲームです。

最初のワールドツアーでは、世界各地の背景を楽しめる合計50ステージが楽しめます。

プレイを進めていくと、他のさまざまなステージも楽しめるようになります。

一部のステージは有料で、アプリ内課金をすることで新たなステージがプレイ可能になります。

 

新チャリ走DX

新チャリ走DX

  • Spicysoft Corp.
  • ゲーム
  • 無料

play.google.com

 

にゃんこ大戦争

f:id:cayto_pr:20171214100207j:plain

タップしたにゃんこがバトルに加わって戦ってくれる

f:id:cayto_pr:20171214100210j:plain

日本の都道府県を制覇しよう!

f:id:cayto_pr:20171214100203j:plain

バトルで使うにゃんこたちは強化したり、種類を増やすことができる

f:id:cayto_pr:20171214100359j:plain

何かと便利なネコカンは課金でも入手可能

 

にゃんこたちをタップで呼び出す簡単操作のタワーディフェンス

ゆるくて可愛らしいデザインと、シンプルな操作で親しまれているカジュアルゲームです。

日本の都道府県を舞台にして、ご当地ごとの個性的な基地を倒し、お宝をゲットしていきます。

経験値で、にゃんこを強くしたり、新たなにゃんこを獲得する成長要素があります。

他にもネコカンを消費して、レアキャラをゲットしたり、戦いを有利に進められます。

イベントなどで手に入れる他に、アプリ内課金によって大量にネコカンを入手できます。

 

にゃんこ大戦争

にゃんこ大戦争

  • PONOS
  • ゲーム
  • 無料

play.google.com

 

breaker 

f:id:cayto_pr:20171214100353j:plain

ブロックを壊すとステージがどんどん広がっていく

f:id:cayto_pr:20171214100348j:plain

ブロックを壊したり、プレゼントでポイントをゲット

f:id:cayto_pr:20171214100343j:plain

ポイントや課金により、ステータスを強化できる

 

バーを左右に移動させる簡単操作のブロック崩しです。

スタイリッシュなデザインで、時間制限・広がるステージ・成長要素と新たな要素が取り入れられたカジュアルゲームです。

ゲーム内で入手できるポイントを使うことで、ボールの貫通力と大きさ、補助のボールの個数、バーの幅やレーザー性能といったステータスを強化させることができます。

最初は30秒かかっていた巨大なブロックも、ステータスを強化することでたった1秒もしない間に突破できるようになり、強くなった実感と爽快感をしっかりと味わうことのできる、飽きさせないレベルデザインになっています。

ポイントを使った強化のほかに、アプリ内課金によるステータスの大幅な強化も可能です。

 

play.google.com

 

カジュアルゲームを作るメリット

ゲーム開発初心者がカジュアルゲームを作るメリットには次のようなものが挙げられます。

 

仕様で悩むことが少ない

ゲームを作るとき、ルールや操作方法をどうするかはとても重要です。

面白いと思っても、実際に作ってみると楽しくなかったり、不備がみつかることもあります。

 

ゲームのルールを試行錯誤しながら実装するよりも、手本となるゲームを参考にしながら実装するほうが、迷うことが少なくなり、ゲームを完成させられる可能性は高くなるでしょう。

 

作り方に関する情報がたくさんある

実装方法で悩んでしまったとしても、定番のカジュアルゲームならば作り方を解説しているサイトや本があるかもしれません。

質問したい場合も、作りたいものを簡単に説明できるので、助言を求めやすくなります。

 

開発の助けとなる情報が豊富であれば、開発が停滞するリスクは減るでしょう。

 

ゲームアプリは完成してリリースしなければ、一般ユーザーにはプレイしてもらえません。

まずは完成させられる可能性の高い定番のゲームを作ることをお勧めします。

 

工夫次第でヒットする可能性もある

数多いゲームアプリの中で埋もれずに収益をあげることはとても難しいことです。

しかし、アイデアやデザインなどの工夫次第でカジュアルゲームは化けます。

 

成功事例のカジュアルゲームも、さまざまな工夫をすることによって、人気のゲームアプリになりました。

また、ステージやキャラクターのロック解除、ステータスの強化といったゲームの特色を活かしたアプリ内課金を導入することで、収益をあげることにも成功しています。

 

はじめて作るカジュアルゲームも、アイデアひとつで多くのユーザーがプレイしてくれる人気のゲームアプリになるかもしれません。

 

お題はブロック崩し

今回の記事を読んで、ゲームを開発してみたいと思った読者もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような読者のために、早速次回から具体的な課金ゲームアプリを開発していきます。

教材は、カジュアルゲームの定番であり、さきほど紹介した breaker の土台にもなっているブロック崩しです。

 

ブロック崩しを選んだ理由は、

  • 多くの読者がルールをすでに知っている
  • 開発の助けとなる情報が豊富にある
  • ステージを改造することが簡単にできる

というように、読者が学びやすい上に、オリジナルの課金ゲームアプリにカスタマイズしやすいからです。

 

また、この教材のUnity プロジェクトはサンプルとして公開することを予定しています。

ブロックの配置や画像を変えるだけで、簡単にあなただけのブロック崩しが出来上がるでしょう。

 

課金ゲームアプリを作ろう!

このシリーズでは全5回に分けて、ブロック崩しの開発からリリースまでを解説します。はじめての方でも、読み進めながら手を動かすことで、最後には課金ゲームアプリが完成するはずです。

 

今回作るブロック崩しは最小限の機能しか持っていませんが、あなた独自の工夫を加えることで人気の課金ゲームアプリになる可能性があります。

 

成功事例のひとつとして紹介した breaker は、ブロック崩しを出発点にして、斬新なアイデアや洗練されたデザインといった工夫を加えることで成功しました。

 

成功事例のようなカジュアルゲームをいきなり作ることは難しいですが、1人でも多くの読者に課金ゲームアプリの開発を楽しんでもらえればと思います。

 

これをきっかけに、あなたもオリジナルの課金ゲームアプリを作ってみましょう!

次回をお楽しみに!

 

 

item-store.net